よっちゃんのチラ裏 ~ The Yotchan's reverse side of a flier.

カスタム検索 (サイト内検索)

GPU-Z 2.7.0がリリース

Download TechPowerUp GPU-Z | TechPowerUp

GPU-Z 2.7.0がリリースされました。
2.7.0における変更点の内容は下記の通り。


Fall Creators Updateにおいて、GPU-Zがシャットダウンや再起動を妨げていた問題の解消

GeForce GTX1070 Tiのような、NVIDIAの新しいカード向けにNVFlashをアップデート

Radeon RX VegaのVRAMサイズを修正

NVIDIAのカードで、GPUメモリクロックセンサーのラベルが正しくなかった問題の修正

Polaris 21におけるOpenCLとTMU/ROPの検出に関する問題の修正

FurMark 1.20.0がリリース

FurMark 1.20.0 Released - Geeks3D

FurMark 1.20.0がリリースされました。
1.20.0における変更点の内容は下記の通り。


デフォルトの「thread affinity mask」を2から0に変更、値は必要に応じてコマンドラインオプションで設定可能に

縦横比21:9の解像度、2560x1080、3440x1440、5120x2160を追加

GeForce GTX1060 5GB、NVS 810への対応

Quadro P1000、P2000、P3000、P4000への対応

TITAN Vへの対応

GeForce MX130、MX110への対応

GPU Shark 0.11.1.0、GPU-Z 2.6.0、ZoomGPU 1.21.5へアップデート

Intel HD Graphicsドライバ 15.36.34.4889がリリース

Intel® Graphics Driver for Windows 7*/8.1* [15.36] - Intel

Intel HD Graphicsドライバ 15.36.34.4889 (15.36.33.64.4578) がリリースされました。
対応CPUはHaswell、対応OSはWindows 7/8.1となります。
本ドライバは、新機能やバグフィックスなどはなく、セキュリティアップデートとして、
インストーラがsetup.exeからigxpin.exeに変更されているのみとなります。

【関連】
Intel HD Graphicsドライバの最新情報はこちら

Rapid Storage Technology 14.8.16.1063がリリース

Intel® Rapid Storage Technology (RAID) for Intel® NUC Kits NUC5i3RY, NUC5i5RY, and NUC5i7RY - Intel

Rapid Storage Technology 14.8.16.1063がリリースされました。
14.8.16.1063はNUC向けにリリースされたものですが、
Readmeやリリースノートが公開されていないため、
対応プラットフォームやバグフィックスの内容についての詳細は不明です。

また、同バージョンのドライバが昨年Lenovo等からリリースされているほか、
バージョン番号的に、去年春にリリーされた14.8.14.1063の後継になるかと思われます。

Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1がリリース

Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1 Release Notes - AMD

Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1がリリースされました。
18.1.1は非WHQLのOptional版で、対応APUの記載はありません。
なお、18.1.1におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


一部のDX9ゲームでクラッシュや不安定な状態になることがあった問題

FreeSyncが有効な環境で、Radeon Overlayのパフォーマンス監視機能を使用するとかくつくことがあった問題

保護されたビデオコンテンツの再生中に、断続的にクラッシュ/ハングすることがあった問題

映画&テレビを使用してビデオを再生すると、画面が真っ暗になることがあった問題

マルチGPU構成でStarcraft 2をプレイすると、画面がおかしくなることがあった問題

ベゼルコレクションでディスプレイグループを作成するとき、位置がズレたり、機能しないことがあった問題

システムがスリープから復帰した後にEdgeでビデオを再生すると、ビデオが表示されないことがあった問題

Radeon Overlayのパフォーマンス監視機能を実行した状態で複数のゲームを起動すると、断続的に色がおかしくなることがあった問題

Radeon WattManでプロファイルを読み込んだあと、ファンのスライダーが動かせないことがあった問題

Vulkan API使用時、Enhanced Syncが有効にならないことがあった問題

マルチGPU構成の環境において、PUBGのメニューアイテムがちらつくことがあった問題

マルチGPU構成の環境において、CLINFOが間違った値を報告することがあった問題

今回は新機能の追加等はなく、バグフィックスのみとなります。
また、前回の18.1.1 α版で修正された、DX9ゲームに関する修正も含まれています。

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

GPU-Z 2.6.0がリリース

Download TechPowerUp GPU-Z | TechPowerUp

GPU-Z 2.6.0がリリースされました。
2.6.0における変更点の内容は下記の通り。


センサー情報を更新する際に発生していたラグの解消

実行ファイルを圧縮するUPXの破損によって、GPU-Zが起動できなかった不具合の修正

Radeon RX Vega搭載環境でクラッシュしていた問題の修正

Radeon RX Vegaにおけるファン回転数のモニタリングに関する問題の修正

Radeon Software Adrenalin Editionへの対応

AMDからの要望により、Radeon RX560のGPU名称をBaffinからPolaris 21へ変更

NVIDIA TITAN V、GeForce GTX1060 5GB、GeForce 825M、Tesla K40m、Quadro M520、NVS 810、Grid M6-8Qへの対応

Radeon Vega 8 Raven Ridge Graphics、Radeon WX 9100への対応

Intel HD P630、UHD630、UHD600 (Gemini Lake) への対応

GP100のダイサイズの修正

BraswellのEU数を16/12に修正

MSI RX 580 Armorなど、ボードIDがないAMD製カードを搭載した環境で、GPU-Zがクラッシュしていた問題の修正

【関連】
GPU-Zの最新情報はこちら

KingSpecからNVMe SSDが登場

KingSpec-SSD,E series,NVMe,M.2 PCI-e Interface,NE-XXX,NE-XXX,NVME

KingSpecからNVMe SSD、Eシリーズが登場しました。
ラインナップは、120GB、240GB、480GB、960GBで、
シーケンシャルRead/Writeの速度は、120GBが1500-1800MB/s、500-600MB/s、
240GBが1500-2000MB/s、1000-1300MB/s、
480GBが2000-2400MB/s、1400-1700MB/s、
960GB、およびランダム性能に関しては、記載がありません。

去年末、格安SSDとして突如登場したKingSpecですが、
本製品も日本で発売されるのか、どれくらいの価格か、気になるところです。

GeForceドライバ 390.65 WHQLがリリース

Googleが公表した「脆弱性」に対策する「GeForce 390.65 Driver」は,ゲームにリアルタイムでポストエフェクトをかける新機能にも対応 - 4Gamer

GeForceドライバ 390.65 WHQLがリリースされました。
390.65は、Fortniteに対する最適化が図られているほか、
Battle RoyaleにおけるShadowPlay Highlightsへ対応したGame Readyドライバとなります。
また、年末年始にかけて騒動となったCPUの脆弱性 (4Gamer) に対して、
390.65ではこの問題が解決されているそうです。
なお、390.65におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GeForce GTX970搭載環境において、Batman Arkham Knightで水面が正しく表示されなかった問題

GeForce GTX1080 Ti、TITAN X/Xpを搭載する環境において、GameStreamを使用すると映像が乱れていた問題

Fermi世代のGPUを搭載するノートPCにおいて、ステレオスコピック3Dを有効にすると、Stereoドライバを指すエラーメッセージが表示されていた問題

今回のリリースは、バグフィックス等は少なめではありますが、それ以上に、
脆弱性が修正されているということで、アップデートしておいた方がよさそうです。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

Kaby Lake Gが正式発表される

「Radeon RX Vega搭載の第8世代Coreプロセッサ」が正式発表。「ミドルクラス市場向け単体GPU並みの3D性能」を1パッケージで実現へ - 4Gamer
Radeon RX Vega搭載の第8世代Coreプロセッサ新製品と,搭載するゲーマー向けNUCの実機を見てきた - 4Gamer
Intel、Radeon一体型CPU搭載でVRゲームも対応可能な超小型PC - PC Watch

Radeonを搭載するKaby Lake Gが正式発表されました。
正式名称は「Core Mobile Processor with Radeon RX Vega M Graphics」で、
ラインナップ、およびスペックは下記の通り。

・Core i7-8809G (3.1-4.2GHz/4C8T/8MB/HD630/350-1100MHz/100W)
 Radeon RX Vega M GH (1063-1190MHz/1024bit HBM2 4GB/24CU)

・Core i7-8709G (3.1-4.1GHz/4C8T/8MB/HD630/350-1100MHz/100W)
 Radeon RX Vega M GH (1063-1190MHz/1024bit HBM2 4GB/24CU)

・Core i7-8706G (3.1-4.1GHz/4C8T/8MB/HD630/350-1100MHz/65W)
 Radeon RX Vega M GL (931-1011MHz/1024bit HBM2 4GB/20CU)

・Core i7-8705G (3.1-4.1GHz/4C8T/8MB/HD630/350-1100MHz/65W)
 Radeon RX Vega M GL (931-1011MHz/1024bit HBM2 4GB/20CU)

・Core i5-8305G (2.8-3.8GHz/4C8T/6MB/HD630/350-1000MHz/65W)
 Radeon RX Vega M GL (931-1011MHz/1024bit HBM2 4GB/20CU)

最上位の8809GはCPU、GPU、HBMの倍率アンロック&オーバークロックに対応、
下位モデルのみがCore i5となります。
また、Radeonは性能の異なる「GH」と「GL」の2種類があり、GHはVR/MRに対応し、
性能はGeForce GTX1060 6GB搭載PCと比較して1.13倍、
下位のGLは、GeForce GTX1050 4GB搭載PCの1.4倍の性能を発揮できるとのこと。
さらに、H.264/H.265 (HEVC) ハードウェアエンコード/デコードをサポートします。

そして、Kaby Lake Gを搭載するNUC「NUC8i7HVK」発表、
こちらについては、発売日や価格に関する情報はないそうです。

Intel HD Graphicsドライバ 15.60.2.4901がリリース (改題)

Intel® Graphics Driver for Windows* [15.60] - Intel

Intel HD Graphicsドライバ 15.60.1.1.4901がリリースされました。
対応CPUはSkylake、Kaby Lake、Coffee Lakeで、
対応OSはWindows 10の64bit版のみとなります。
この15.60.1.1.4901は、大神HDをはじめとした多数のゲームに最適化されたほか、
以下の改善点や新機能などが含まれています。


電源プランが「バランス」や「省電力」の際におけるFPSレポートの精度向上

VulkanやDX12使用時におけるMSAAの大幅な性能向上

Kaby Lake、Coffee LakeにおけるH.265/HEVCビデオの再生パフォーマンスの向上

Intel Media SDKの改善によって、PowerDirectorやMAGIXをはじめとしたアプリケーションにおける、より優れたエンコーディング品質の実現

DX11シェーダーキャッシュ - 複数のゲームにおける読み込み時間やプレイアビリティ向上

Intel Graphicsに最適化された最新ゲームを紹介するコントロールパネル

DX11の性能向上、CPU使用率の改善


また、15.60.1.1.4901におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


The Surge、Rise of the Tomb Raider、SOMA、SiSoft Sandra Benchmark、Handbrake (AVC/HEVCトランスコード)、または3Dビデオの再生中に断続的にクラッシュしたりハングすることがあった問題

Civilization 6 (DX11)、Forza 7 (DX12)、Talos Principle (DX12)、およびSONY Catalyst Editでのビデオクリップ再生中にグラフィックスがおかしくなることがあった問題

2つ以上の仮想デスクトップ (原文はvirtual displays) がアクティブな状態だと、断続的にクラッシュすることがあった問題

スタンバイから復帰すると、画面がちらつくことがあった問題

KVMスイッチの接続中にスリープから復帰した後、ディスプレイに何も表示されなくなることがあった問題

Kaby Lake搭載環境の一部において、イメージをキャプチャしようとすると、Windows 10のカメラアプリがクラッシュすることがあった問題

最適化や新機能、バグフィックスは、先月リリースされた15.60.01.4877と共通で、
ここからさらにバグフィックス等が追加された感じになっており、
15.60.01.4877のリンク先も15.60.1.1.4901に挿し換えられています。


※01/06更新
上記リンク先が15.60.1.1.4901から15.60.2.4901に差し替えられました。
バグフィックスの内容に変更はなく、詳細は不明です。

【関連】
Intel HD Graphicsドライバの最新情報はこちら

<<前のページ | 次のページ>>

copyright © 2007 よっちゃんのチラ裏 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
Share Button

最新記事のRSS


中の人のTwitterはこちら

Advertisment

最近の記事


管理人によるレビュー系

プロフィール

よっちゃんBNR32

Author:よっちゃんBNR32
大阪市在住の一児のパパ。趣味は車・PC(自作)・アクアリウム・パチスロ他いろいろ。PCパーツとかの買い出しは主に日本橋。愛車はスカイラインGT-R。活動拠点はmixiですが、今では半々?!

その他詳細・プライバシーポリシーについてはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

通販情報



新規取扱商品一覧
特価品一覧
その他特集一覧
展示処分品大処分市
毎週更新 特価品


ソフマップ・ドットコム

話題の新商品icon
注目の特価商品icon
新着の中古商品icon
PCパーツ キャンペーン情報他icon
PCパーツ各種限定特価icon



今週のセール品
いろいろお得なセット購入
Palitビデオカード特集



(一式購入で全パーツ1年保証)
自作PC一式見積もり
新製品
特価品
オススメ品


パソコン工房

会員限定在庫売りつくしicon
アウトレットPC 処分特価icon
自作PC組み立てキットicon



激安エントリーサーバ
在庫処分コーナー
箱汚れ特価


Just MyShop(ジャストシステム)
一太郎やATOKのおトクなDL版からPCパーツ・周辺機器・USBメモリまでいろいろ

ブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

かうんた

UniqueAccess

Pageview

ONLINE

チラ裏ですw
買ったPCパーツのレビューやその他製品のレビューをメインにしていますが、 そんなにバンバン買い換えない買えないので、レビュー系のネタは頻繁ではありません_| ̄|○
それ以外では、自作系PCパーツの新製品情報をネタにしています。 といっても、あらゆる情報に精通しているわけではないので、もし間違い等を発見したら、指摘していただけると助かります。
more...