よっちゃんのチラ裏 ~ The Yotchan's reverse side of a flier.

カスタム検索 (サイト内検索)

GeForceドライバ 390.77 WHQLがリリース

GeForceドライバ 390.77 WHQLがリリースされました。
390.77は、Kingdom Come: Deliverance、War Thunder、Black Desert Online、および、
Metal Gear Survive向けに最適化されたGame Readyドライバとなります。
この390.77におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


SLIを有効にしてDirt 4をプレイすると、映像がおかしくなったり、ちらついたりしていた問題

Neverwinter Nightsにおいて、一部のグラフィックスが消えていた問題

Optimus対応ノートPCにおいて、GeForce Experienceが黒い画面で起動することがあった問題

3DMarkのベンチマーク性能が落ち込んでいた問題

GeForce GTX1080搭載環境において、G-Sync有効時にウィンドウモードにすると発生していた性能面の問題

GeForce GTX1070 Ti搭載環境において、NVIDIAコントロールパネルの「解像度の変更」→「出力のダイナミックレンジ」の設定が維持されず、システムを再起動した後に「フル」から「限定」に切り替わっていた問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

GeForceドライバ 390.65 WHQLがリリース

Googleが公表した「脆弱性」に対策する「GeForce 390.65 Driver」は,ゲームにリアルタイムでポストエフェクトをかける新機能にも対応 - 4Gamer

GeForceドライバ 390.65 WHQLがリリースされました。
390.65は、Fortniteに対する最適化が図られているほか、
Battle RoyaleにおけるShadowPlay Highlightsへ対応したGame Readyドライバとなります。
また、年末年始にかけて騒動となったCPUの脆弱性 (4Gamer) に対して、
390.65ではこの問題が解決されているそうです。
なお、390.65におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GeForce GTX970搭載環境において、Batman Arkham Knightで水面が正しく表示されなかった問題

GeForce GTX1080 Ti、TITAN X/Xpを搭載する環境において、GameStreamを使用すると映像が乱れていた問題

Fermi世代のGPUを搭載するノートPCにおいて、ステレオスコピック3Dを有効にすると、Stereoドライバを指すエラーメッセージが表示されていた問題

今回のリリースは、バグフィックス等は少なめではありますが、それ以上に、
脆弱性が修正されているということで、アップデートしておいた方がよさそうです。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 388.71 WHQLがリリース

GeForceドライバ 388.71 WHQLがリリースされました。
388.71は、PUBG向けに最適化されたGame Readyドライバとなります。
この388.71におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


全画面でYouTubeを再生していると、画面がちらつくことがあった問題

ノートPCでYouTubeの再生を一時停止すると、映像が乱れることがあった問題

Windowsのブート時に、瞬間的に画面全体にラインが表示されることがあった問題

NVIDIA TITAN V搭載環境において、高解像度でBlu-rayの再生中にTDRが発生したり、ディスプレイに何も表示されなくなることがあった問題

GeForce GTX1080を搭載するノートPCにおいて、ドライバがGPUの認識やインストールをしないことがあった問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 388.59 WHQLがリリース

GeForceドライバ 388.59 WHQLがリリースされました。
388.59は、Fallout 4 VRへの最適化が図られたGame Readyドライバで、
さらに、新たに発表されたNVIDIA TITAN Vをサポートしています。
なお、388.59におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GeForce GTX1080を搭載し、G-Sync対応の120Hzパネルを搭載するノートPCにおいて、G-Syncを有効にしているとちらつきが発生することがあった問題

バグフィックスはこの1点のみとなります。
今回は、Fallout 4 VRへの最適化とTITAN V対応がメインとなりそうです。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 388.43 WHQLがリリース

GeForceドライバ 388.43 WHQLがリリースされました。
388.43は、DOOM VFRへの最適化が図られたGame Readyドライバとなります。
なお、388.43におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


「cross-adapter clone mode」を有効にしている環境において、ビデオカラー設定の調整で「NVIDIAの設定を使用」を選択すると、NVIDIAコントロールパネルがクラッシュ、またはハングしていた問題

Optimus対応ノートPCにおいて、Wolfensteinがクラッシュしていた問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 388.31 WHQLがリリース

GeForceドライバ 388.31 WHQLがリリースされました。
388.31は、Star Wars Battlefront II、Injustice 2、および、
Destiny 2向けに最適化されたGame Readyドライバとなります。
なお、388.31におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GPUモニタリングツールで消費電力をモニターしていると、ゲーム中にわずかなかくつきが発生していた問題

GeForce GTX1080を搭載するDELL Alienware AmplifierをノートPCに接続しても、ドライバが互換性のあるハードウェアを見つけることができなかった問題

3D Vision対応ノートPCにおいて、NVIDIAコントロールパネル上にステレオスコピック3D設定のリンクが表示されなかった問題

GeForce GTX970M搭載ノートPCにおいて、パターンをデザインするソフトウェアでオブジェクトを描画しても見えなかった問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 388.13 WHQLがリリース

GeForceドライバ 388.13 WHQLがリリースされました。
388.13は、Call of Duty: WWII、Wolfenstein II: The New Colossus、そして、
Need for Speed Paybackに最適化されたGame Readyドライバとなります。
なお、388.13におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


セカンダリディスプレイに何も表示されないことがあった問題 (環境や発生頻度の記載はなし)

デバイスマネージャのグラフィックスの項目に黄色の「!」マークが現れていた問題
※日本語のデバイスマネージャでいう「ディスプレイアダプター」のこをと指していると思われます。 原文はYellow bang appears by the graphics entry in Device Manager.

ディスクリートGPUからプライマリディスプレイに出力しているハイブリッドシステムにおいて、フルスクリーンでゲームのストリーミングを行う前に、(映像が?) 一時的におかしくなっていた問題

本ドライバではGeForce Experienceが3.10.0.95となっており、
脆弱性が解決された最新版となっています。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 388.10 Hotfixがリリース

GeForce Hotfix Driver Version 388.10 - NVIDIA

GeForceドライバ 388.10 Hotfixがリリースされました。
NVIDIAは現在、Wolfenstein II: The New Colossusに最適化したドライバを開発中で、
このGame Readyドライバを来週早々リリースする予定ですが、それまでの間、
特定のKeplerベースのGPUに対し安定性に関する修正を加えたドライバとして、
この388.10をリリースしたとしています。

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 388.00 WHQLがリリース (Update)

GeForceドライバ 388.00 WHQLがリリースされました。
388.00は、Destiny 2、およびAssassin's Creed Origins向けに
最適化されたGame Readyドライバとなります。
なお、388.00におけるバグフィックスの内容は下記の通り。
(特に記載のないものはWindows 10向け)

※初出時の和訳はバグフィックスではなく既知の問題だったため、
改めてバグフィックスの内容の和訳を追記しました。


GeForce GTX1080搭載ノートPCにおいて、G-SYNCが有効化された外部ディスプレイでDoom、Counter-Strike: Global Offensive、Witcher 3などのようなゲームのプレイ中にかくつきが発生していた問題

GM204を搭載するAlienwareのノートPCが、このドライバリリースでサポート対象に含まれていなかった問題 (次回のリリースにてサポートされる予定)
※原文は[Notebook][GM204]: Alienware laptops with GM204 GPUs are not included in this driver release. Support for these products will be added in the next driver.

【既知の問題】

GeForce GTX780 TiのSLI構成において、DisplayPortと2台のDVIディスプレイを接続していると、映像がディスプレイに出力されなかった問題

GeForce GTX1070搭載環境において、Adobe Reader 3Dで開いたPDFが破損していた問題

Ryzen ThreadripperのシステムにGeForce GTX TITAN (Kepler) をインストールすると、OSの起動に失敗していた問題
※原文は「Threadripper-enabled motherboard」

Photoshop CC 2017において、アプリケーションの起動後に最初にパスぼかしを選択すると、「Photoshop でディスプレイドライバーに問題が発生したため、グラフィックハードウェアを使用する拡張機能が一時的に無効になりました」というエラーメッセージが表示されていた問題 (Windows 10/7)

ディスクリートGPUからプライマリディスプレイに出力しているハイブリッドシステムにおいて、フルスクリーンでゲームのストリーミングを行う前に、(映像が?) 一時的におかしくなっていた問題

EU圏におけるHDTVに関する内容と思われます。 原文は「2007663 - EU/OEM: [EndUser] 387.92: Scrambled picture after updating to Windows 10 Fall Creators Update on some HDTVs supporting only 8bpc (driver update put it to 12bpc)」

この388.00に同梱される GeForce Experienceは3.9.0.97で、
旧版と同様、脆弱性が含まれるバージョンとなっているので注意が必要です。
なお、現時点のGeForce Experienceの最新版は3.10.0.95となっているので、
インストールする場合は、最新版を別途インストールした方がよさそうです。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 387.98 Hotfixがリリース (Update)

GeForce Hotfix Driver Version 387.98 - NVIDIA

GeForceドライバ 387.98 Hotfixがリリースされました。
387.98におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


ノートPCにG-Syncディスプレイを接続してゲームをプレイすると、かくつきが発生していた問題

GM204ベースのGeForce 965M/970M/980Mを搭載したAlienware製ノートPCへの対応

※10/17追記
GeForce Experience をダウンロード|NVIDIA - NVIDIA
「GeForce Experience」にDoSや権限昇格の脆弱性、修正版のv3.10.0.55… - 窓の杜

この387.98、およびそれ以前のGeForce Experienceに脆弱性が発見されたようです。
これを受け、NVIDIAは16日付けでGeForce Experience 3.10.0.55をリリースしました。
ドライバが最新であってもGeForce Experienceは最新ではないので、
同アプリをインストールしている人は、アップデートした方がよさそうです。

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

| 次のページ>>

copyright © 2007 よっちゃんのチラ裏 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
Share Button

最新記事のRSS


中の人のTwitterはこちら

Advertisment

最近の記事


管理人によるレビュー系

プロフィール

よっちゃんBNR32

Author:よっちゃんBNR32
大阪市在住の一児のパパ。趣味は車・PC(自作)・アクアリウム・パチスロ他いろいろ。PCパーツとかの買い出しは主に日本橋。愛車はスカイラインGT-R。活動拠点はmixiですが、今では半々?!

その他詳細・プライバシーポリシーについてはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

通販情報



新規取扱商品一覧
特価品一覧
その他特集一覧
展示処分品大処分市
毎週更新 特価品


ソフマップ・ドットコム

話題の新商品icon
注目の特価商品icon
新着の中古商品icon
PCパーツ キャンペーン情報他icon
PCパーツ各種限定特価icon



今週のセール品
いろいろお得なセット購入
Palitビデオカード特集



(一式購入で全パーツ1年保証)
自作PC一式見積もり
新製品
特価品
オススメ品


パソコン工房

会員限定在庫売りつくしicon
アウトレットPC 処分特価icon
自作PC組み立てキットicon



激安エントリーサーバ
在庫処分コーナー
箱汚れ特価


Just MyShop(ジャストシステム)
一太郎やATOKのおトクなDL版からPCパーツ・周辺機器・USBメモリまでいろいろ

ブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

かうんた

UniqueAccess

Pageview

ONLINE

チラ裏ですw
買ったPCパーツのレビューやその他製品のレビューをメインにしていますが、 そんなにバンバン買い換えない買えないので、レビュー系のネタは頻繁ではありません_| ̄|○
それ以外では、自作系PCパーツの新製品情報をネタにしています。 といっても、あらゆる情報に精通しているわけではないので、もし間違い等を発見したら、指摘していただけると助かります。
more...