よっちゃんのチラ裏 ~ The Yotchan's reverse side of a flier.

カスタム検索 (サイト内検索)

Intel SSD Toolbox 3.4.9がリリース

Intel® Solid State Drive Toolbox - Intel

Intel SSD Toolbox 3.4.9がリリースされました。
3.4.9では、新たにOptane SSD 900Pシリーズに対応したほか、
DC P4500とDC P4600のファームウェアを最新のものにアップデートします。
なお、このファームウェアアップデートにおけるバグフィックスの内容は下記の通り。


OSドライブとしての起動に失敗していた問題

ブートローダのダウンロードカウンタが増加していた問題
※原文はFixed issue of bootloader download counter being incremented.

訂正不能なECCの読み取りに関連する問題の緩和等

Corrections to when Critical Warning - RD bit is set.

その他発見された問題の修正とドライブの健康状態の改善
※原文はMiscellaneous sightings closure and improvement on product health.

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.2がリリース

Radeon™ Software Crimson ReLive Edition 17.11.2 Release Notes - AMD
「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.2」が2017年版「Star Wars Battlefront II」最適化版としてリリース - 4Gamer

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.2がリリースされました。
17.11.2はStar Wars Battlefront II向けに最適化されたドライバで、非WHQL、
また、サポートリストにAPUは記載されていません。
なお、17.11.2におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


Radeon ReLiveで録画されたクリップが緑色になったり、背景が緑色になったりすることがあった問題

ゲームの画面をフルスクリーンとボーダーレスフルスクリーンで切り替えると、Radeon ReLiveの録画が失敗することがあった問題

一部のRadeon HD7000シリーズにおいて、CrossFireの有効/無効を切り替えると、Radeon Settingsがクラッシュしたりハングすることがあった問題

Radeon WattManのユーザーインターフェースで、VRAMのオーバークロックやアンダークロックの値が反映されないことがあった問題

一部のRadeon RX500/RX400シリーズにおいて、Radeon WattManで電圧を下げても正しく適用できない事があった問題

ディスプレの電源OFFやスリープから復帰すると、セカンダリの拡張ディスプレイが緑色になることがあった問題


Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1がリリース (Update)

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1がリリースされました。
17.11.1は非WHQL (Optional) で、APUもサポートされます。
また、Radeon RX Vega 64搭載環境におけるCall of Duty: WWIIで、
17.10.3比で最大5%の性能向上 (2560x1440) が図られているほか、
Radeon RX Vega 56におけるXConnectへの対応が追加されています。
なお、17.11.1におけるバグフィックスの内容は下記の通り。

※17.11.1のWHQL版がリリース、ダウンロードリンクのリンク先が挿し換えられました。


限られた一部のDX11、およびOpenGLアプリケーションを実行すると、Radeon Softwareが断続的にクラッシュすることがあった問題

一部のゲームや生産性アプリケーション (productivity applications) において、タスクの切り替えを行うとアプリケーションがランダムにハングしたり、クラッシュすることがあった問題

Radeon WattManにおいて、設定を出荷時のデフォルトにリセットしても、グラフィックスとメモリのクロックがリセットされないことがあった問題

Oculus Dashがランダムにハングすることがあった問題

Eyefinityのmixed modeで、ベゼルの補完が適用できないことがあった問題

Radeon SettingsのマルチGPUプロファイルのページで、テキストが重なったり、おかしくなることがあった問題

Tom Clancy's Ghost Recon: Wildlandsにおいて、異方性フィルタリングを有効にしていると、映像が若干おかしくなることがあった問題

Middle-earth: Shadow of Warにおいて、マルチGPU構成でゲームをプレイしていると、ゴーストやディストーションが発生することがあった問題

システムのスリープ中に前もってXConnect製品を再接続すると、検出や有効化ができなくなることがあった問題

Radeon Software のアンインストール中に、プリンタのようなシステムデバイスが削除されることがあった問題

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

GeForceドライバ 388.31 WHQLがリリース

GeForceドライバ 388.31 WHQLがリリースされました。
388.31は、Star Wars Battlefront II、Injustice 2、および、
Destiny 2向けに最適化されたGame Readyドライバとなります。
なお、388.31におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GPUモニタリングツールで消費電力をモニターしていると、ゲーム中にわずかなかくつきが発生していた問題

GeForce GTX1080を搭載するDELL Alienware AmplifierをノートPCに接続しても、ドライバが互換性のあるハードウェアを見つけることができなかった問題

3D Vision対応ノートPCにおいて、NVIDIAコントロールパネル上にステレオスコピック3D設定のリンクが表示されなかった問題

GeForce GTX970M搭載ノートPCにおいて、パターンをデザインするソフトウェアでオブジェクトを描画しても見えなかった問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

Intel HD Graphicsドライバ 15.60.0.4849がリリース

Intel® Graphics Driver for Windows* [15.60] - Intel

Intel HD Graphicsドライバ 15.60.0.4849がリリースされました。
対応CPUはSkylake、Kaby Lake、Coffee Lakeで、
対応OSは、Windows 10 64bitのみとなります。
15.60.0.4849では、NetflixやYouTubeなどのHDR再生に対応したほか、
Windows MR (Mixed Reality) をサポートしたドライバとなります。
なお、15.60.0.4849におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


Divinity: Original Sin 2、Pro Evolution Soccer 2018、および、Cyberlink PowerDVDでのBlu-ray再生で映像がおかしくなることがあった問題

組み込みディスプレイ (ノートPC?) で低解像度に切り替えると、Vulkan版のDOTA 2が断続的にクラッシュ、またはハングすることがあった問題

Middle-earth: Shadow of Warにおける性能の最適化、およびプレイアビリティの向上

OpenCLアプリケーションにおけるメモリ使用率の改善

セキュリティの向上

GPU-Z 2.5.0がリリース

Download TechPowerUp GPU-Z | TechPowerUp

GPU-Z 2.5.0がリリースされました。
2.5.0における変更点の内容は下記の通り。


ドライバのリリース日とWHQLのステータスを別枠で表示

更新ボタンの追加

NVIDIAのBIOSバージョンを常時大文字で表記

ドライババージョンの「ForceWare」表記を「NVIDIA」に変更

BIOS保存のNVFlashをアップデート

GeForce GTX1070 Ti、GTX1050 Ti (モバイル)、Quadro GP100、M620への対応

Intel UHD 620への対応

水冷版Radeon RX Vega 64、FirePro M4150への対応

SoCやメモリクロックに関するモニタリング機能の追加。 原文はAdded Vega SOC Clock, VR SOC and VR Mem monitoring

WDDM 2.3への対応

BIOSのアップロードに失敗したエラーメッセージを表示しようとするとGPU-Zがクラッシュしていた問題の修正

CoreTemp 1.11がリリース

Core Temp

CoreTemp 1.11がリリースされました。
1.11における変更点の内容は下記の通り。


EPYC (Naples)、およびStoney Ridgeへの対応

トータル64スレッド以上のマルチソケットシステムにおけるCPUの検出に関する問題の修正

Coffee Lake、Denverton、Gemini Lakeへの対応

Xeon Phiへの対応 (未テストらしい)

複数世代のAMDプロセッサ、およびコアの認識に関する問題の修正

一部のAMD CPUにおいて、他のハードウェアモニタリングユーティリティを使用すると、間違った最大温度をレポートしていた問題の修正

Intelのマルチプロセッサ環境における、消費電力の検出に関する問題の修正

ハイエンド、多コアシステムにおける、正しい接続情報

古いOSにおけるアップデートチェックに関する問題の修正

テーマを無効にしているときの、設定に関する問題の修正。 原文はSettings window Tab control background when themes are disabled in Windows.

多くのCPUにおいて、L1命令キャッシュをL1統合キャッシュとしてレポートしていた問題の修正

新しいVIAプロセッサにおいて、L2キャッシュを不正確にレポートしていた問題の修正

VIAに関する複数の改善やバグ修正

MSI Afterburner 4.4.0 Beta 18がリリース → Beta 19 → 正式版

MSI Afterburner 4.4.0 Beta 18 Download - Guru3D

MSI Afterburner 4.4.0 Beta 18がリリースされました。
4.4.0 Beta 18における変更点の内容は下記の通り。

※11/01追記
Afterburner 4.4.0の正式版がリリース、上記リンクが差し替えられました。
Beta 18および19との変更点の違いの詳細は不明です。


GeForce GTX1070 Ti、GT1030、TITAN Xp、GTX1080 Ti (いずれもリファレンス) 向けのコア電圧制御を追加

AMD Vegaシリーズ (リファレンス) 向けに、回転数ベースのファン回転数制御を追加

改良された電圧制御層によって、Quad OvervoltageをサポートするMSI製カード (カスタムデザイン) における極限のオーバークロックに対し、さらなる自由度を付加

改善された5チャンネルのサーマルモニタリングモジュールアーキテクチャにより、この先のMSI製カード (カスタムデザイン) において最大20の独立したVRM温度センサーをサポート

この先登場するカスタムデザインのMSIカードに対し、NCT7802Yサーマルセンサーの互換性を提供

IR3595A+IR3570B+uP1816電圧レギュレータを搭載するMSI GTX1080Ti Lightning Zシリーズにおける、コア、メモリ、auxiliary PEXVDD、auxiliary 1V8電圧コントロールの追加

NCT7511Yサーマルセンサーを搭載するMSI GTX1080Ti Lightning Zシリーズにおける、VRM、VRM2、VRM3、VRM4、およびPCB温度のモニタリングを追加

ハードウェアデータベースフォーマットの改良

キャッシュされた新しいI2Cデバイスの検出アルゴリズムにより、マルチチャンネル電圧コントローラ、またはマルチチャンネルサーマルセンサーを搭載したシステムにおけるアプリケーションの起動時間が改善

その他多数

今回の変更点は非常に多岐にわたり、かつ時間的な都合もあったので、
今回は翻訳をかなり省略してしまいました。
また、Windows 10 Creators Updateにおいて、RivaTuner Statistics Server 6.x.xが
互換性の問題で起動しないとのことですが、このBeta 18では、
7.0.0へアップデートされているので、Win 10 CU環境でAfterburnerを使用し、
かつRTSSをインストールしている人は、必須のアップデートといえそうです。

【お知らせ】SSLに対応しました

20171026_001.jpg

Googleが常時SSLを推奨する流れを受け(?)、当ブログもSSL (HTTPS) に対応いたしました。 ブログ内において、クレジットカード番号などの重要情報をやりとりすることはないので、SSL化によって変わるところはほぼ皆無ですが、ただ一点、URLが新しくなります。

http://skyline798.blog118.fc2.com/
https://skyline798.blog.fc2.com/

旧URLでアクセスしていただいてもリダイレクトされるので問題はありませんが、これを機に、リンクを張っていただいているサイト/ブログの管理者の方、ブックマークしていただいている方、RSSを取得していただいている方は、お手数をおかけしますが、URLの変更等を行っていただけると幸いです。 今後ともよろしくおねがいします。

※11月上旬まで最上段に固定いたします。

GeForceドライバ 388.13 WHQLがリリース

GeForceドライバ 388.13 WHQLがリリースされました。
388.13は、Call of Duty: WWII、Wolfenstein II: The New Colossus、そして、
Need for Speed Paybackに最適化されたGame Readyドライバとなります。
なお、388.13におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


セカンダリディスプレイに何も表示されないことがあった問題 (環境や発生頻度の記載はなし)

デバイスマネージャのグラフィックスの項目に黄色の「!」マークが現れていた問題
※日本語のデバイスマネージャでいう「ディスプレイアダプター」のこをと指していると思われます。 原文はYellow bang appears by the graphics entry in Device Manager.

ディスクリートGPUからプライマリディスプレイに出力しているハイブリッドシステムにおいて、フルスクリーンでゲームのストリーミングを行う前に、(映像が?) 一時的におかしくなっていた問題

本ドライバではGeForce Experienceが3.10.0.95となっており、
脆弱性が解決された最新版となっています。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

| 次のページ>>

copyright © 2007 よっちゃんのチラ裏 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
Share Button

最新記事のRSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


中の人のTwitterはこちら

Advertisment

最近の記事


管理人によるレビュー系

プロフィール

よっちゃんBNR32

Author:よっちゃんBNR32
大阪市在住の一児のパパ。趣味は車・PC(自作)・アクアリウム・パチスロ他いろいろ。PCパーツとかの買い出しは主に日本橋。愛車はスカイラインGT-R。活動拠点はmixiですが、今では半々?!

その他詳細・プライバシーポリシーについてはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

通販情報



新規取扱商品一覧
特価品一覧
その他特集一覧
展示処分品大処分市
毎週更新 特価品


ソフマップ・ドットコム

話題の新商品icon
注目の特価商品icon
新着の中古商品icon
PCパーツ キャンペーン情報他icon
PCパーツ各種限定特価icon



今週のセール品
いろいろお得なセット購入
Palitビデオカード特集



(一式購入で全パーツ1年保証)
自作PC一式見積もり
新製品
特価品
オススメ品


パソコン工房

会員限定在庫売りつくしicon
アウトレットPC 処分特価icon
自作PC組み立てキットicon



激安エントリーサーバ
在庫処分コーナー
箱汚れ特価


Just MyShop(ジャストシステム)
一太郎やATOKのおトクなDL版からPCパーツ・周辺機器・USBメモリまでいろいろ

ブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

かうんた

UniqueAccess

Pageview

ONLINE

チラ裏ですw
買ったPCパーツのレビューやその他製品のレビューをメインにしていますが、 そんなにバンバン買い換えない買えないので、レビュー系のネタは頻繁ではありません_| ̄|○
それ以外では、自作系PCパーツの新製品情報をネタにしています。 といっても、あらゆる情報に精通しているわけではないので、もし間違い等を発見したら、指摘していただけると助かります。
more...